パン工房ブレッド 石釜&ギャラリーカフェ

■パンのお話


■店主曰く

「人間がパンを食べるようになってからつい最近まで何百年もの間、パンは石窯に薪を燃料として焼かれていました。太陽の下、麦の穂は粉となり、森が茂って薪となり、自然の酵母菌が醗酵を司り、パンは生まれます。これこそ自然界の恵みの集大成、すなわち神の恩寵と知る。うまいだのまずいだの、体にいいだの悪いだの、食の本質を知る事が難しい現在、皆さんに少しでも石窯パンというものを知っていただけたらと思います。昔のパンを昔の作り方で、再現するよう努力しますので、よろしくお願いいたします。」






Welcome ! b-koko.com
Copyright © 2004-2006 KITATO Co.Ltd. All rights reserved.